レイクの審査は通りやすいって本当?

お金の融資を受けることが可能なサービスとして、消費者金融のキャッシングがお馴染みの存在です。数ある消費者金融の中でも、レイクのキャッシングは審査が通りやすいと言われています。

 

審査に厳しい銀行などが運営しているキャッシングであれば、年齢条件が狭く設定されています。借り入れの申込みができる年齢条件が、満20歳から60歳までに設定されている場合であれば、この年齢基準を満たしていなければ借り入れができません。

 

それと比較して、レイクの年齢基準では満20歳以上から70歳以下までの人が申込みできますので、他の金融業者よりも広く設定されています。その分だけ、申込みができる高齢者が増えますので、審査に通りやすいと考えられていますし、職業形態によって融資が行われないということもありません。

 

一定の収入を得ている人であれば、正規社員ではない人であっても借り入れできます。派遣社員やアルバイト、自営業者、外国人などが借り入れできますし、他の金融業者では断れてしまう年金受給者の方に対しても融資を実行しています。

 

そのために年金による収入しかない高齢者にとって、他の消費者金融では審査に落ちてしまうことが考えられますが、レイクであれば融資を受けることができます。

 

消費者金融からの借り入れでは、法律的な規定として総量規制というものが存在しています。総量規制とは全ての金融業者からの借り入れ金額の合計が、年収3分の1を超えるとそれ以上の融資を受けることができない規定です。

 

この総量規制は貸金業法において適用されますので、通常の消費者金融では多額の融資を受けているときに総量規制にひっかかってしまって、借り入れができなくなります。ただし、レイクは新生銀行グループのキャッシングということで、銀行系の消費者金融に該当します。

 

そのために総量規制の適用を受けませんので、すでに他社から多額の融資を受けている人であっても、年収3分の1の範囲を気にすることなく、借り入れができるために審査に通りやすいと言っても良いでしょう。

 

他の大手消費者金融では、50万円以上の融資を希望したときには、本人確認書類だけではなく、収入証明書についても提出が求められることが多いです。レイクでは100万円を超えなければ、収入証明書の提出は求められませんので、それだけ書類を用意する手間を省くことができます。

 

収入証明書の提出をしたくないと考えている人の場合には、100万円の融資金額を超えないように注意しておくことで、運転免許証や健康保険証だけで借り入れが可能になります。